投稿日:

Logicool Flowが素晴らしすぎる話

数年ぶりにキーボードとマウスを買い替えました。

デバイスが増えてきて、MacとWindowsとタブレットをメインに3台同時切り替えが特徴のキーボード・マウスで揃えました。

BluetoothとUSBレシーバーの両対応なので、タブレットとMacではBluetooth、WindowsはUSBレシーバーといったような混在して登録することも出来る優れものです。

デバイスの切り替えもそれぞれのボタンひとつで瞬時に切り替わるので、なんらストレスを感じることがないレベルで利用することが出来ました。キーボードとマウス自体は枯れた入力デバイスではありますが、まだまだこういった方向性で進化するのだなと感心しました。

とここまでであれば、新しめのデバイスの感想でしかないのですが、Logicool Optionsという設定用のソフトウェアを久しぶりに立ち上げたら、なんだか新しい項目「Flow」というのが増えておりました。なんだろうこれと思って選択してみると想像以上に神機能だったのでブログに書くことにしました。

Logicool Flowとは

簡単にいうと、「複数デバイス間を意識することなく一つのマウスで操作出来る」ということでしょうか。

https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/options/page/flow-multi-device-control

公式サイトでは、

  • パソコン間のコントロール
  • シームレスなファイル共有

と記されています。

LogicoolFlowをセットアップすると、あたかも隣同士に設置したデュアルディスプレイかのようにデバイスが異なることを意識せずに、WindowsとMac間とOSが異なっても、マウスを行き来することができます。

さらに、キーボードをリンクさせることでマウスのカーソルがあるデバイスに入力も切り替えることが出来るという至れり尽くせりの機能になっています。

アイキャッチ画像で掲載したようにMacbookとデスクトップのWindows10を一つのマウスで行き来します。

実際の挙動

こちらもデュアルディスプレイを設定するようなイメージでデバイスの位置を上下左右設置することで画面端までマウスが到達したら別のデバイスにペアリングが移動するというような形式です。

1,2,3のランプが切り替わっているのを確認したところから2台同時に接続しているというわけではなく、やはり1台ずつ切り替えていることが分かります。通常はボタン操作で切り替えていたものが画面端に持っていくことで切り替わるようになる機能なのでしょう。

似たような機能を持ったソフトウェアも存在しますが、LAN経由という記載があったりするのでLogicoolの物理的にペアリングを切り替えるLogicoolFlowとは動作原理が異なるのかなと思います。(間違っていたらすいません。)

タイムラグとしては、0.5秒待つといった感じで主観的なレベルになってしまいますが、十分及第点です。

対応機種はまだ少なめ(2016年6月現在)

マウスは上記の5機種

キーボードは3機種のみです。

まとめ

Logicool Flowは神機能。

最新の切り替え機能付きのマウス、キーボードではこういった恩恵も受けられるのかと感心しました。

投稿日:

Benq BL2420PTで突然「シグナルが検出されません」と出たら・・・

最近NTT-Xstoreさんの特価でWQHD(2560×1440)表示が出来る中では最安と思われるBL2420PTを購入しました。

23.8インチで2560pxが絶妙で、ディスプレイを半分に分割して左右で表示をしても、特にウェブの閲覧では1280pxを確保出来るので、大抵のサイトを見切れることなく表示出来、その無駄の無さにとても満足しています。フルHD(1920px)って、ウェブサイトにとってはとっても中途半端なんですよね。全画面では横幅余ってしまうし、半分では見切れてしまうし、ウェブサイトを全部表示出来るだけブラウザサイズを大きくすると結局、使いみちのない横幅が余ってしまうので、私はこの解像度がウェブをメインにする場合はベストだと思います。もちろん他の用途では、フルHD、4Kがベストということも考えられます。デスクに余裕がある、距離がある場合ですと、その上の27インチ以上のサイズがいいと思います。

というところで大変お気に入りのディスプレイだったのですが、2週間ほどで、macを繋いでいたディスプレイポートの接続が突然「シグナルが検出されません」と出て、ディスプレイが表示されなくなってしまいました。

あまりにも早い、不具合でしたが、現象を再現すると、HDMIで繋いでいたWindowsは正常に映る。ディスプレイポートをWindowsに繋ぎ直してもダメ、他に持っているmacbookproに繋いでもダメということで、物理的に全く動かしていないにも関わらず、ディスプレイポートの接続だけが映らない状態になってしまったので、ケーブルの不良を疑いましたが、同じ症状を調べるうちにBenqのディスプレイでBL2420PTに限らず頻発していることが分かり、結論ケーブルの不良ではありませんでした。

唯一の解決方法は、「ディスプレイから電源コンセントを抜いて数分放置すること」でした。

何じゃそりゃと私も最初は半信半疑でしたが、試してみると復旧出来ました。

いくらケーブルを抜き差ししても、電源スイッチをオンオフしてもダメで、完全に放電し切るというのがポイントのようです。

他にもディスプレイの設定メニューからDisplayPortのバージョンを1.1と1.2を切り替えるや、BenQ Service Pageから設定を変更するなどもありましたが、バージョンの切り替えは一時的には治ったり、macbookをクラムシェルモードにしたらダメだったりと不安定な状況が続いた後、それすらも受け付けず「シグナルが検出されません」となったので、結局ディスプレイ内部のファームウェアか何かのバグが積もりに積もって応答出来なくなり、放電をしきることでそれらが解決するという謎の設定のようです。

今までECOセンサーという超絶便利な機能も備えているのでディスプレイの電源を意図的に切るようなことはしていなかったのですが、今後は定期的にコンセントの電源からオフにする習慣をつけることにします。

投稿日:

アップルミュージック(Apple Music)の3か月無料の期限が切れる方へ

7月1日より開始したアップルミュージック(Apple Music)ですが、無料トライアル期間の3ヶ月がそろそろ経とうとしています。

私は、別のサービス「AWA」「LINE MUSIC(ラインミュージック)」や、さらには9月3日には、「Google Play Music」も参戦したことから、それぞれを一回ずつ試してみて、その中で良かった一つを選択しようと考えていたため、一旦無料トライアルを堪能した後は、購読を解除しようと考えていたためにその手順の共有です。

itunesを確認する限り、以下の手順を行わって停止しない限り、自動で更新されてしまいます。

また、PCでのItunesを使っての操作になりますが、iphone単体でも同様の操作は行えるようです。

登録の期限の確認

まず、自分がいつApple Musicへ加入したかの確認方法は、購入履歴から確認します。

スクリーンショット_2015-09-22_20_48_17

Itunes>アカウント情報>パスワードを入力

iTunes

購入履歴>全て見るを選択

詳細の購入履歴の画像は割愛しますが、7/1当日に加入したと思っていましたが、表記は2015/6/30となっていました。おそらく米国時間でのカウントになるのでしょう。

つまり、私の場合、無料期間の3ヶ月は2015/9/30までとなります。

AppleMusic月額会員の自動更新の停止

引き続き、会員の停止を行います。

ここで、安心してください。この設定は自動更新を停止するだけで期間内はAppleMusicをそのまま使えますので、やめようと思っている人は一旦設定をしておくのが無難だと思われます。

iTunes 2

 

Itunes>アカウント情報>設定>購読の管理を選択

購入履歴のすぐ下の設定を選択します。

iTunes 3

購読管理の中からAppleMusicメンバーシップの編集を選択後、自動更新をオフにします。

上記のキャプチャは設定後のものになりますが、購読の終了期間が表示されていれば完了となります。

 

投稿日:

DELL U2414Hの入力切替えのショートカット化

DELL U2414Hを購入しました。

MacbookairをクラムシェルモードをDisplayportで自作のWindowsデスクトップPCをHDMIで接続しているのですが、何故か入力の自動切り替えがついていません。

Displayport、MiniDisplayport、HDMI×2と豊富な入力インターフェースがあるにも関わらずです。

基本はMacbookairを接続することが多いのですが、たまにWindowsPCも起動します。

入力切り替え通常のステップ

そんな時はステップとして

  1. 4つタッチボタンのどれかを押す
  2. 左から3番めを押す
  3. 入力信号に合わせるために左から2番めを一度押す
  4. 選択状態にするために左から3番めを一度押す
  5. 希望の入力ソースを選択するために複数回上下ボタンを押す
  6. 切り替え決定のために左から3番めを一度押す

と実に、6つものステップとそれに伴う、ボタンのタッチが必要になります。

これがとても煩わしいです。

同時起動しているならば、ある程度は致し方ない面もありますが、せめて入力信号が一つの場合は、自動で切り替えてもらいたいものです。

これは仕様上どうも出来ないようなのですが、いくつかステップを省けることが分かりました。

入力切り替えのショートカット

その方法とはズバリ「ショートカットの設定」です。

何もない状態でタッチボタンを押すと左2つが「輝度」 と「プリセットモード」になっていると思いますが、

実はこれは、デフォルトで設定されたショートカットなだけで変更が可能です。

ショートカットの変更方法

ボタンを一度押して、左から3番目のボタンで基本メニューが出ます。

この一番下のメニューで「カスタマイズ」というのがあり、そこでショートカットキー1ショートカットキー2の設定が出来ます。

ここで、希望の入力ソースを設定します。

ショートカット後の手順

ショートカットを設定すると

  1. 4つタッチボタンのどれかを押す
  2. 左から1か2番めのボタンを押す

以上です。

これであれば、及第点です!

まとめ

ショートカットキーは2つしか設定出来ないので、入力デバイスが2つの時は、上記の方法で解決出来ます。

ただ、3つ以上繋いでいるよという人もいらっしゃると思います。

その場合は、入力デバイスを決め打ちで設定するのではなく、その一つ前のステップの入力切替選択メニューをショートカットに設定することも出来ますのでお試し下さい。

1ステップは増えてしまいますが、主たる入力ソースをショートカット1、入力切替をショートカット2という形で設定すれば、スマートかと思います。

実際、購入をしてみて、この入力切替以外は非常に満足度が高いディスプレイです。これを解決出来たことでますますお気に入りのディスプレイとなりました。

 

投稿日:

OS X(10.10) Yosemiteの互換性のないソフトウェアの場所

日本時間2014年10月17日に発表されたOSX Yosemiteを早速、インストールしました。

いつも、動かないソフトウェア、バグが生じるソフトウェアがあることは承知の上、即日アップデートして数日遅くとも数週間は耐えぬくというサイクルをここ数年繰り返しております。

互換性のないソフトウェアの場所

そんな中で今回のYosemiteでは「互換性のないソフトウェア」として強制的にアプリケーションフォルダからも移動させられてしまう仕様になっておりました。

そして、常に起動しているソフトウェアがその対象となっており、まず、どこにあるのか探したところ、下図のようにアプリケーションフォルダと並列の場所にあることが分かりました。

Macintosh_HD

ハードディスクの直下。アプリケーションフォルダと並列の場所です。