投稿日:

mixiページ公開!Facebookページの対抗馬になるか!?

本日2011年8月31日、株式会社ミクシィより「mixiページ」が発表されました。

今までは、コミュニティがメインの交流の場でしたが、これからは誰でも「mixiページ」を作って情報発信が可能となります。

これって、Facebookページそのものですよね?

mixiページの使い方

先行企業で100社程度は既にページを公開しているようです。

さらには、使い方を開設しているブログもありましたのでご紹介します。

【速報】mixiページ公開! 気になる機能と使い方を徹底解説。

ロゴもいつの間にか新しくなってると思ったら今日同時変更なんですね。

『mixi』ロゴ変更に関するお知らせ

 

 

投稿日:

ECサイトによるソーシャルプラグイン52%が導入

ウェブモバイル業務専門の人材サービス事業を展開するサポタントは8月10日、ECサイトによるソーシャルプラグインの導入状況について独自リサーチを実施した。

調査によると、ソーシャルプラグインを「導入しているECサイト」は52%、「導入していないECサイト」は48%。

導入しているソーシャルプラグインは、「Twitter」87%、「Facebook いいね」54%、「mixi チェック」42%、「GREE」13%、「Google+1」12%、「はてな」12%、「mixi イイネ」10%、「Facebook 送る」8%だった。

また、導入しているプラグインの数は、「1個」33%、「2個」13%、「3個」23%、3個以上」31%だった。

調査対象はECサイト100社、調査時期は8月。

■「ECサイトによるソーシャルプラグインの導入状況」   (http://www.supotant.com/research/r110810.html

投稿日:

ECサイトおねだり機能無料サービス

先日、ECサイトの販促支援機能として、おねだり機能についてご紹介しましたが、仕組みはそんなに難しくないはずなので、フリーのサービスなどないのかな〜と思っていたのですが本日のリリースで発見しました。
EC向け販促支援ソリューション「おねだり上手」デザインカスタマイズが可能に ―自社オリジナルのデザインとテンプレートで「おねだり力」パワーアップ!―
どんなサービスかと少し調べて見ました。

おねだり機能上手について

  • 専用タグをサイトに貼りつけると「ねだる」ボタンが表示
  • リンクとなるので、外部リンク不可のサービスは利用出来ない
  • 今なら無料

ということでイメージとしては、FacebookのいいねボタンやTwitterボタンと同様ですね。

タグを貼るだけで、その先のリンク先でおねだり機能を提供してくれるようです。

今回のリリースは、そのリンク先のデザインの変更が可能になったということですね。ECサイトとデザインを合わせることで、ユーザーさんには違和感なく遷移することが出来ます。

また、mixi、Twitter、Facebookのソーシャルメディアを抑えているあたり好感が持てます。

今なら無料で使用できるということですので、試しに如何でしょうか?

投稿日:

EC-CUBE商品ページへのmixiチェックボタン導入方法

ECサイト×ソーシャルメディアpart5

ソーシャルプラグイン最終章、本日は、

EC-CUBE商品ページへのmixiチェックボタン導入方法

をご紹介します。

まずは、下の図をご覧下さい。

EC-CUBEへのmixiチェックボタン導入方法

前回までのFacebook、Twitterのボタンは、コードをコピーするだけで対応が出来ましたが、mixiチェックボタンは少々難易度が上がります。

というのも、mixiは識別キーなるものを取得しなければ、動作がしません。識別キーを取得するために、mixi上でデベロッパー登録が必要になります。

    1. デベロッパー登録

まず、こちらからデベロッパー登録を行います。下記に必須事項を記入します。
[mixi] Developer登録_変更※ログインしたmixiアカウントに紐づきます。

    1. チェックキーの発行

mixi Developer Dashboardにアクセスをしトップメニューから「mixi Plugin」左メニューから「新規サービス追加」をクリックします。
[mixi] 登録サービス一覧 | mixiチェック
利用規約を同意のうえ、必要事項を記入します。
[mixi] 新規サービス追加 | mixiチェック
内容を確認し、「作成する」をクリックします。[mixi] 新規サービス追加 | mixiチェック-1登録が完了したら、識別キーは「こちら」をクリックします。[mixi] 新規サービス追加 | mixiチェック-2

    1. mixiチェックボタンのカスタマイズ

対象URLは、ECサイトのドメインを入力。プロフィール画像表示はレイアウトが崩れてしまうので、チェックを外す。最後にタグ取得ボタンを押すと、下図のようにタグが現れます。
[mixi] EC-CUBEテスト | 登録サービス詳細 | mixiチェック

ここで、注意しなくてはいけないのは、商品詳細ページごとに対象URL設定しなければいけません。また、例によって、下記コードをコピーして頂くと上手くいきます。

<iframe scrolling=”no” frameborder=”0″ allowTransparency=”true” style=”overflow:hidden; border:0; width:120px; height:20px” src=”http://plugins.mixi.jp/favorite.pl?href=http%3A%2F%2F◯◯◯.◯◯<!–{$smarty.server.REQUEST_URI|escape}–>&service_key=△△△&show_faces=false&width=120″></iframe>

◯◯◯.◯◯はECサイトのドメインを△△△は、識別キーを入れてください。
以上で、mixiチェックボタンの発行は完了です。

EC-CUBE商品ページの編集

最後にEC-CUBEへの導入ですが、Ver2.11.1の管理画面からご紹介します。

デザイン管理>PC>ページ詳細設定>商品詳細ページ>編集

の順に辿って頂くと下図のページに行きますので、上記のコードを該当箇所に貼りつけます。

EC-CUBEページ編集

私が記述した箇所は、179行目のtwitterボタンの記載のある部分のすぐ下です。

これで、Facebook、Twitter、mixiと日本における3大ソーシャルメディアのプラグインの導入が完了致しました。

次回以降も、ECサイトとソーシャルメディアを掘り下げていきたいと思います。