投稿日:

ECサイトでフラッシュマーケティングがなぜ有効なのか?

ECサイト×フラッシュマーケティングpart2

ECサイトにフラッシュマーケティングがなぜ有効なのか?

フラッシュマーケティングで出来ること

を考えてみたいと思います。

大きく分けて4つあります。

  1. 最大販売数限定
  2. 最小販売数限定
  3. 期間限定
  4. 会員限定

上記を上げてみますと、実店舗でも似たような販売方法を取っていることに気づきませんか?

そうです。

タイムセール

です。

今では、どの実店舗でも一般的に行っているタイムセールをWeb上で実現したのが、フラッシュマーケティングなんです。

飲食店向けの共同購入型クーポンは、

  • 客数が見える(予約が必要なため)
  • キャッシュフローがよい(先にクーポン代金として支払われるため)

といった部分を強調して、営業をかけているということですが、ECサイトでは、これに

  • 在庫処分

という強力なメリットが存在します。

フラッシュマーケティングならでは、店舗側で、在庫数や期間を調整しつつ、お客様に魅力的な商品として提供することが出来るのです。フラッシュマーケティングであれば、ブランドイメージを損なうまでの時間も御座いません。

さらには、大手が多大なプロモーションを行って頂いたおかげでこのフラッシュマーケティング及び共同購入型クーポンの仕組みへの認知が広まっている今、ECサイトこそフラッシュマーケティングに取り組むべきだと考えます。

余談ですが、リクルートが運営しているフラッシュマーケティングの大手サイト

ポンパレをご覧下さい。

http://ponpare.jp

飲食店以外にも物販がしっかりとあります。

単一商材を扱っていらっしゃるECサイト運営者様にはまさにうってつけだと思います。

 

投稿日:

ECサイトにおけるフラッシュマーケティング

ECサイト×フラッシュマーケティングpart1

前回までECサイトにおけるソーシャルマーケティングの活用法として、いくつかの連携方法を具体的にご説明してきましたが、今回は小休憩としてフラッシュマーケティングについて考察したいと思います。

まず、私が考えるに

ECサイトこそフラッシュマーケティングを活用すべき

と思っています。

その理由を数回に分けて紹介したいと思います。

初回は、フラッシュマーケティングについておさらいです。

フラッシュマーケティングとはその名にあるとおり、

フラッシュが光るよう短期間で販売する

マーケティング手法の事をいいます。

最近では、フラッシュマーケティング=共同購入型クーポンとして、

TVCMなどで、ポンパレ、GROUPON(グルーポン)などが放映していますね。

これは、一定時間内に購入者が集まれば、割引クーポンを取得できる仕組みです。

例えば、「50%OFFのクーポンを24時間以内に100人の購入者が集まれば販売成立」といった具合です。

昔からこのようなマーケティング手法はあったのですが、アメリカでGROUPON(グルーポン)という会社が主に飲食店向けにこの共同購入型クーポンの販売で大きな成功を納め、再び注目をされました。

続きはまた次回に書きたいと思います。