投稿日:

ECサイトのスマートフォン利用率

2011年スマートフォン元年。先日、スマートフォン普及率の見通しの記事を書きましたが、私も気になっていた ECサイトの利用率についてリリースが出ていたのでご紹介します。

スマホ経由のEC購入経験、Android約4割に対しiPhone約6割に……ノボット調べ

リリースによると、スマートフォンでのECサイト利用経験

  • iPhoneユーザー59.0%
  • Androidユーザー44.0%

という結果でした。 この結果自体は、ECサイト提供側、ユーザー側に様々な複合的な要因が絡んでいると考えられます。

  1. ECサイトのスマートフォンへの最適化
  2. ECサイトのスマートフォンにおける決済手段
  3. ユーザー自身の慣れ

こういったところが向上していけば、むしろ、必然の流れとして、向上していくと思われるので現時点の利用率を高いとか低いとか述べる必要性はないと思っています。 ただ、このリリースを拝見していて非常に気になった点が、Androidのセキュリティ問題について

  • 「非常に不安である」18.6%
  • 「やや不安である」44.8%

と少なからず不安を抱えているユーザーが63.4%もいることです。 この数値を改めていくべく、ECサイト側が安心を提供することが課題だと痛感しました。 ノボットさんのこちらのリリース3ヶ月毎程度に出されているようなので、引き続き、ウォッチしていきたいと思います。

投稿日:

スマートフォン対応ECサイト構築のために

2011年に入ってからというもの、一気にスマートフォンブームが到来した気がしております。

ECサイトのスマートフォン対応

は準備出来ておりますか?

実際に、どのくらいスマートフォンが売れているのか?2011年5月10日リリースの2010年度通期国内携帯電話端末出荷概況に詳しく書かれていますが、まとめると下記のようになります。

2010年度通期国内携帯電話端末出荷概況

2010年度実績 フィーチャーフォン 2909万台
スマートフォン 855万台
2011年度予想 フィーチャーフォン 2070万台
スマートフォン 1,820万台

リリース文から、2009年度はスマートフォンの出荷台数が231万台と計算できます。(ほぼiphoneでしょうが…^^;)

iphone発売からものの3年でスマートフォンの出荷台数がほぼ半分のシェアになるという予想が出ています。

個人的には、今年中にはフィーチャーフォンの出荷台数を抜くんじゃないかと予想しています。各キャリアの熱の入れ方が半端ではない。そもそも、2011年で半分になるなんて予想は誰もしていなかった。

とこのように、既にスマートフォンはPC、モバイルに次ぐ、インターネットデバイスとして無視出来ない状態になっています。

ここで、ECサイト構築オープンソースのスマートフォン対応状況を調べてみました。

主要ECオープンソースのスマートフォン対応状況

EC-CUBE LIVE COMMERCE ZENCART OSCOMMERCE
iphone
備考 2.11より標準対応 iphone向けテーマのみ 追加モジュール対応 追加モジュール対応

やはり、国産オープンソースはこういうところ強いですね。

標準でスマートフォン向けのテンプレート編集を用意しております。EC-CUBEは2011年3月23日リリースの2.11からとのことでした。

オープンソースなので、追加のプラグインやモジュールでテンプレートの出し分け対応を行えればよいと思いますが。