投稿日:

情報が生き生きと伝わる商品説明文

今日は、
共感してもらうためのストーリーお店編
をお伝えします。

下に長々と書きますが、
やらないと買ってくれないということはありません。
安くすれば買ってくれますからね。

が、
共感してもらえないと、お客様が口コミを広げてくれません。
共感してもらえないと、いつまでも価格競争から抜け出せません。
共感してもらえないと、お店のファンがつきません。

なので、大事かなあと思っている次第です。

ストーリーを形作るための要素、
お店の思いを伝えるための要素は、簡単なもので4つあります。

こういったものを
会社概要やお店の紹介ページに入れてみて欲しいと思います。

<お店の思いを伝える>
————-

1)WHY

→なぜお店をつくったのか

これはお店によって最も違いが出る部分かですね。

たとえば、

日本中の人に自分のお店を知ってもらいたいと思った
日本中の人に安くて良い商品を届けてたいと思った
地元の商店街を活性化したいと思った
本業が苦戦してやるしかなかった
近くにシマムラとユニクロが出来て実店舗が潰れそうでやるしかなかった

などです。

もちろん、儲けたいから、が最も根源ですよね。
それは分かっています。

ただ、
その根源の上に乗っかる思いやなぜ作ったのかという理由
を表現してほしいところです。

————-

2)WHO

→誰がこのお店をこだわりを持って作ったのか

誰がお店をつくったのか、これはとてもパーソナルな部分です。
ネットショップは顔が見えないと良く言われますが、
これは売り手側の顔が(ふんわりとでも)想像できる様にする為の
ひとつのキッカケになります。

たとえば、

お店を始めるまでネットで買い物などしたことがなかった
50歳からパソコンを始めて指一本でキーボードを叩いてお店をつくった
兄がやっている実店舗を助けるために妹が始めた
実家の3代目なので新しいことをやれと言われた
会社が買収されクビになりそうだったのでネット販売をやるしかなかった

などです。

これらは全部私が聞いた実話です。
(どのお店さんも7年以上続き、売上は安定的に上がっています)

売り手側の顔が見えますよね。

————-

3)商品選定のこだわり

→売っている商品の品質、素材、製法への思い入れ

販売している製品は
基本的には売れると思っているから置いているわけですよね。
ただ、お客様にはそれを買うための良さがなかなか伝わらないですね。

当たり前すぎて気付いてないことをメリットに変えるため、

なぜお店にそういった商品を置いているのか。
形態(外観、外形、格好、形式、姿、様式)がいい?
味覚、嗅覚の度合い(甘味、酸味、塩味、苦味、旨味)がいい?
触覚 (硬い、柔らかい、ふわふわ)がいい?

商品を目利きしてバイイングしたわけです。
その選択のしかた自体が、ストーリーのひとつになります。

————-

4)情熱

→これだけは譲れないというポイント

これは例だけ紹介します。
ある花の販売店さんから「譲れないポイント」をお聞きしました。

普通花を育てている業者さんは
苗のしたに水を流しっぱなしにしていつでも水を吸えるようにしているそうです。
が、そのお店さんは1苗1苗に
たま~に水をやるそうなんです。
そうするとたまにしか水を吸えない苗は
生きるためにたくましくなり、茎が太くなり、
花が咲いてからも長持ちするそうなんです。

1苗1苗水をやるなんてものすごい手間ですよね。
それでもやり続けているそうなんです。

お客様に1日でも長く花を楽しんでもらうために。

————-

4つのポイントは以上です。

まだまだ他にもあるでしょうが、
まずはこういったことから進めてもらえると
お店の良さがぐっと伝わると思います。

有名ですが、土屋鞄さんのページ、いいですよ。

↓↓↓

—————————————————————-

革の香りをデザインに込めて、
工房から手づくりの温もりを届けます

http://www.tsuchiya-kaban.jp/user_data/company.php

—————————————————————-

ひとことふたことでもいいので、
会社概要やお店の紹介ページに入れてみてください。
ぜひチャレンジを♪

投稿日:

お客様の求めるものの変化2

これからの購買行動 SIPS についてお伝えします。

SIPSとは、新しい購買行動のカタチといわれていて、

<1> Sympathize(共感し)
<2> Identify(確認し)
<3> Participate(参加し)
<4> Share&Spread(共有・拡散する)

の頭文字をとっています。

簡単に言いますと、

人がいい思いをしたら勝手にその話が拡散していく

ということです。

<1> Sympathize(共感する)

ECサイトでも何でも言いのですが、
ネット上であるものを見つけたとき、まずヒトは何かを感じます。

あれこれ探して
自分にあったモノを探し当てたりできたら、
これ、イイ!と思います。

例えば、

なでしこジャパンが頑張っているのを見て仕事の励みになる
美味しい食べ物を見てツバがわいてくる
カッコいい俳優の肉体美を見て自分も筋トレをしたくなる

など。
他者と喜怒哀楽の感情をが一致する=共感するわけです。

<2> Identify(確認する)

興味を持ったら今度は自分で調べ始めます。

こと、ECサイトに関しては、
本当に自分に有益かどうかチェックします。

検索だけでなくあらゆる手段でチェックします。

ECサイトであれば
会社概要や評判、レビューの中身、配送日の指定なども見られます。

<3> Participate(参加する)

調べて、確認したら 参加=行動 します。

ここで言う参加する、とは
facebookページや企業のイベントページによくあるような
ゲームや応募のことです。

ECサイトであれば、購入するということに該当します。

<4> Share&Spread(共有・拡散する)

ここからが今までにないポイントです。

自分の友達や家族といった「つながり」 に
facebookやツイッターで共有します。

喜怒哀楽の感情が一致した場合、
その後自動的かつ無自覚に広がって行きます

こうした一連の中で最も大事なものは、
「最初に共感されるかどうか」です。

まず共感されないと
行動してもらえないばかりか、
確認したり調べたりすらしてもらえない。

まして、共有・拡散など・・・。

ECサイトに関しても
拡販するためには「共感」が必要になってくるわけですね。

↓↓↓

—————————————————————-

電通の賢い人がSIPSについて書いています
彼らが世に送り出した概念です

http://www.dentsu.co.jp/sips/index.html

—————————————————————-

明日は
ちょっとだけこの
「共感してもらうためのストーリー」のお店編
をお伝えします。

投稿日:

お客様の求めるものの変化1

Fancyってご存知ですか?

iPhoneアプリもありますし
既に有名ですが、
私は毎日見てしまいます。

—————————

http://www.thefancy.com/

—————————

スタイリッシュな写真が購買意欲をそそるサイトです。
『センスで売る』を具現化したECですね。
とても参考になります。

Fancyについて詳しく知りたいならコチラ。

↓↓↓

—————————————————————-

NY発のソーシャルコマース「Fancy」

http://japan.cnet.com/news/business/35029106/

—————————————————————-

↓↓↓

記事内には、

『~はすで7400人以上に Fancy(Facebookのいいね!に相当する)されている。
上手くインフルエンサーを取り込み、
彼らをファンにすることでメインストリームにもリーチする。』

とあります。
もうカタカナばっかりでわっけ分からないですが、

要は

1)影響力のある人から
2)簡単に発信してもらい、
3)多くの人の意識に投げかける

ということです。

こういう良いものが自発的に拡散していく
というインターネットのチカラが
新しいECの潮流のひとつになってきています。

新しい流れ、新しい顧客動向を知らないといけないですね。

というわけで、

お客様の求めるものが変わってきた

という話を書きますね。

<お客様の求めるものが変わってきた>

▼これまでの中心的なお客様

これまでネットで購入される方で
多かったのはこういう意見です。

Aさん:重いもの、かさばるものを
車などで運ばずに
家まで届くと便利だよね!

Bさん:ネットって実店舗で買うより
安くなってていいよね!

つまり、
重いものやかさばるもの家まで運んで来てくれるという『利便性』
(例:水、米、オムツ)、
低価格になっているものを探せるという『コスト面でのメリット』
を感じていました。

しかし、それはいまや既に前提条件であり、
当たり前のこととも言えます。

言い換えれば、【差別化にはならない】ということです。

競争は別のところにあります。

▼これからの中心的なお客様

これからの時代ネットで購入される方で
多いと予想されるのはこういう意見です。

Aさん:実店舗では置いてないような
面白いものがあるよね!

Bさん:自分では見つけられないような
面白いものがあるよね!

Cさん:その商品やお店がいいのか悪いのか
すぐに評判が分かるから安心だよね!

つまり、
他の人が見つけられないおトク感や商品を見つけるという
買い物本来の 『エンターテイメント性』、
買う前に失敗しないよう予め評判を確認できるという
『情報性』 にメリットを感じている

ようになってきているわけです。

競争は別のところにあります。
価格競争に巻き込まれないお店つくりには必要な要素ですね♪
このあたり覚えておいていただければと思います。

明日は
もっと顧客動向を知るために、
これからの購買行動 SIPS についてお伝えします。