投稿日:

ソーシャルメディアの活用事例

ECサイト×ソーシャルメディアpart2

今回は、

ソーシャルメディアの活用事例

を取り上げてみたいと思います。
ECサイトでも導入をしやすいのがFacebookの「いいね」ボタンです。この「いいね」ボタンは、ユーザーが意図的にボタンを押下しないといけません。そこで、この「いいね」ボタンのメリットは3つあると考えられます。

  1. 人気度が分かる!
    まず、下の画像をご覧下さい。
    みなさんが「いいね」を押してくれた数が表示されます。ジーンズがいくつも並んでいますが、左から1番目のジーンズが4K(これは4000ですね。)と表示され、2番目のジーンズが427と表示されています。これにより、1番目のジーンズのほうが、2番目よりも10倍人気があるということが分かり、ユーザーは判断材料を得ることが出来ます。
  2. The Levi_s® Friends Store

  3. 友人のいいねがわかる!
    さらに、Facebookにログインした状態で閲覧をすると自分の友人が「いいね」ボタンを押したことが分かります。まさに、情報を共有するソーシャルですね。
  4. 「いいね」の情報がニュースフィードに流れる!
    ここが、ソーシャルメディア活用で最大の効果を発揮します。
    下の図のように、友人のニュースフィードに「いいね」の情報が流れます。フェイスブック利用者には平均130人の「友人」が登録されていると言われていますから、「いいね」ボタンを導入するだけで、一人のアクセスが130人に広められる可能性を秘めています。Facebookニュースフィード

このようにいいことずくめのFacebook「いいね」ボタン導入してECサイト構築をされては如何でしょうか?
次回は、この「いいね」ボタンの導入方法を探っていきたいと思います。