小さなチーム、大きな仕事

      2015/08/13

久しぶりに良書に出会えたので紹介。

毎週のように、レビューを書いておりますが、意識的にスピードアップをした結果、消化が早くなり自分の中でグッドスパイラルが生まれています。

最近は、経営、マーケティング、業界知識など「適用型の本」、自伝や普遍的心理を扱う「底流型の本」を交互に読み進めており、 ドラッカー関連の本を読み進めておりましたが、どうも会社のサイズ感に合わない部分というものを感じておりました。

例えば、会議の件など、弊社では既に必要最小限に自然と収まっている。会議のコストという云々よりも個々がそれぞれ、自立して業務に取り組んでいてくれています。

 

そんな中でこの「小さなチーム、大きな仕事」という本は、少数精鋭で大きな利益を上げている企業としての経験を惜しげもなく披露してくれています。 これは、そのまま応用が出来る「適用型の本」であり、経営の考え方の元ともなる「底流型の本」両方の要素を含みつつ、現在のステージ、サイズに合うものが非常に多かったので共有です。

 

著者が経営する37signalsという会社名は、この本で初めて知ったのですが、同社が提供するサービス「camp fire」や日本人が開発したプログラミング言語「Ruby」のフレームワークである「Ruby on Rails」を提供しているということで驚きました。

IT業界に携わるものであれば、「Ruby on Rails」の名前の方が有名ではないでしょうか?

抜粋

以下、抜粋

会社の規模なんて気にしない

ものすごく自戒。人数なんて関係ない。会社を大きくすることによるスケールメリット以外の言葉を教えてくれというように、その人にあった、サイズがあるってもので弊社はもっともっと大きくしないと実現出来ないビジネスを描いているが、1万人にしたいとも思っていない。

ワーカホリックはバカげている

これに関しては、燃え尽き症候群や生産性を引き合いに出しているが、このような論調にははじめの一歩、鴨川会長の言葉をいつも思い出す。

努力した者が全て報われるとは限らん。 しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!!

また、論理的に考えると

生産=生産時間(h)×生産性(個人の能力∞)

でしかないので、生産性が著しく高い人以外は、Work Hardをするしかない。もちろん、生産性を高める(睡眠、食事、教養、ツール)施策は怠ってはならないという前提を付け足しておきます。

 「時間がない」は言い訳にならない

はい、当たり前です。失礼しました。

外部の資金は最終手段

こちらについては、この項目だけで、ブログが一つ書けるくらい思いを持っているので、詳細は割愛しますが、書いてあることはすごく共感です。あくまでも手段として、捉えるべきという前提は変わりません。

必要なものは思ったより少ない

人、物、本当に必要?本書内でも「人を雇う」という章で言及されているが、「まずは自分自身から」「限界で人を雇う」ということをこれからも実践していきます。

マーケティングは部署ではない

何かのコミュニケーションの手段があるのなら、マーケティングはできる。是非この意識をみんなにも持って頂きたい。

文章力のある人を雇う

ソーシャルな世界が広がり、発信が容易になればなるほど、発信の数が増える。より強烈な発信が出来なければならない。それを実践する場がこのブログです。

なるたけ早くは毒

すいません。私も陥りがちです。英語でいうとASAP(as soon as posible)でしょうか。 当たり前なんです。誰しも一生懸命働き、早く終わらせたいのです。どれも至急と言ってしまっては、どれもが普通なんです。ルールを作りましょう。

まとめ

私の思いがあって、既に取り組んでいる発信をするという意味でのブログであったり、資金調達の考えかたといったところまで、共感出来る部分が非常に多く、みんなにも是非読んで頂きたいです。

 -ブックレビュー

  関連記事

金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?

金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの? posted with ヨメレバ 堀江

読書力 30分で読んで覚える! ビジネス速読入門講座-松宮 義仁

読書力 30分で読んで覚える! ビジネス速読入門講座[Kindle版] posted with ヨメ

潜在能力を最高レベルに引き出す「変性意識入門・催眠編」

潜在能力を最高レベルに引き出す「変性意識入門・催眠編」 (Kindle Single)[Kindle

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?

君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!? posted with ヨメレバ 田村 耕太郎 マ

嫌われる勇気

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え posted with ヨメレバ 岸見 一郎,古

人を見抜く技術 20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」

人を見抜く技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 (講談社+α新書) posted wit

脳の呪縛を解く方法 –苫米地 英人

脳の呪縛を解く方法 posted with ヨメレバ 苫米地 英人 KADOKAWA/中経出版 20

ビジネスモデル・ジェネレーション

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書 posted with ヨメレバ アレックス

リーン・スタートアップ ―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす

リーン・スタートアップ posted with ヨメレバ エリック・リース 日経BP社 2012-0

なるほど!「孫子の兵法」がイチからわかる本

なるほど!「孫子の兵法」がイチからわかる本 posted with ヨメレバ 現代ビジネス兵法研究会

Logicool Flowが素晴らしすぎる話

数年ぶりにキーボードとマウスを買い替えました。 デバイスが増えてきて、MacとWindowsとタブレ

Benq BL2420PTで突然「シグナルが検出されません」と出たら・・・

BenQ 23.8インチワイド 高解像度モデル (2560×1440/IPSパネル/DisplayP

嫌われる勇気

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え posted with ヨメレバ 岸見 一郎,古

マンガでやさしくわかるアドラー心理学

マンガでやさしくわかるアドラー心理学[Kindle版] posted with ヨメレバ 岩井俊憲,

1億円の壁を越えるビジネス思考

1億円の壁を越えるビジネス思考: 年商1000万円に満たない会社の売上を数年で10億円にまで成長させ