ソーシャルメディアの動向

      2011/06/27

ECサイト×ソーシャルメディアpart1

これから数回に分けて、ECサイト構築とソーシャルメディアについて書いていきます。

まず、第一回目は、

ソーシャルメディアの動向

についてまとめてみます。

まず、ソーシャルメディアの定義ついてwikipediaを引用すると、

ソーシャルメディアは、誰もが参加できるスケーラブルな情報発信技術を用いて、社会的インタラクションを通じて広がっていくように設計されたメディアである。 個人と個人、個人と組織、組織と組織の間の情報発信が、ウェブサービスを経由することによってそれ自体が意味を持つコミュニティとなり、実社会に広く拡散され、影響力を持ち始めたメディア。twitterやfacebookなどのプラットフォームによって、個人間の情報発信が可視化されやすくなったことにより、SNS(Social Network Service)のネットワーク的な概念を超えて、新たなメディアとして浸透しつつある。

とあります。要するに、ユーザー同士、ユーザー対企業がコミュニケーションを取れるサイトですね。日本では、mixiが最もポピュラーですが、世界ではFacebookが圧倒的に飛び抜けています。

  • 全世界ユーザー数5億人を超える世界最大のSNSです。
  • 日本でもアーリーアダプター中心だったユーザー層から映画公開されたことをきっかけに1日数十万人規模で会員増加中です。
  • FacebookではFacebookページという、個人、企業問わず固有のページを作成することができ、先進的な企業は既にFacebookページを構築し、マーケティング活動で利用をしています。

このFacebookを海外のサイトでは、どのような影響力を持っているのか、非常に分かりやすい資料がありましたので、ご紹介します。

ソーシャルシフトVer1.4.0

参照元:ソーシャルシフトVer1.4.0

このように、海外のサイトでは、流入元が、従来の検索エンジンからソーシャルメディアへ急速にシフトしていっていることが分かります。

このなかでもアパレル大手の「FOREVER21」などが既に、ソーシャルメディアからの流入が勝っていることが分かります。

次回は、より具体的なソーシャルメディアの活用事例について触れてみたいと思います。

 -Facebook, ソーシャルメディア

  関連記事

no image

ECサイトによるソーシャルプラグイン52%が導入

ウェブモバイル業務専門の人材サービス事業を展開するサポタントは8月10日、ECサイトによるソーシャル

no image

ECサイトおねだり機能無料サービス

先日、ECサイトの販促支援機能として、おねだり機能についてご紹介しましたが、仕組みはそんなに難しくな

no image

アメリカ小売業とソーシャルメディア

「Facebookページを作ってみたものの、手探り状態・・・」本日取り上げる記事の冒頭に書いてある文

no image

ECサイトのソーシャルメディア利用率

日本では、まだまだFacebook内でECを展開するという状況にはないと感じておりますが、米国では既

no image

ソーシャルメディアの活用事例

ECサイト×ソーシャルメディアpart2 今回は、 ソーシャルメディアの活用事例 を取り上げてみたい

Logicool Flowが素晴らしすぎる話

数年ぶりにキーボードとマウスを買い替えました。 デバイスが増えてきて、MacとWindowsとタブレ

Benq BL2420PTで突然「シグナルが検出されません」と出たら・・・

BenQ 23.8インチワイド 高解像度モデル (2560×1440/IPSパネル/DisplayP

嫌われる勇気

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え posted with ヨメレバ 岸見 一郎,古

マンガでやさしくわかるアドラー心理学

マンガでやさしくわかるアドラー心理学[Kindle版] posted with ヨメレバ 岩井俊憲,

1億円の壁を越えるビジネス思考

1億円の壁を越えるビジネス思考: 年商1000万円に満たない会社の売上を数年で10億円にまで成長させ