投稿日:

媚びない人生

自分と向きあい、悩みなさい。そして、どんな瞬間においても、自分のことを信じなさい。

この一言に人生が集約されている気がします。

自分に正直に生きる。

これを強く思った。

その中で価値観に応じて、人にやさしく、親切に、強くといったところを構成していく。

 

投稿日:

小さなチーム、大きな仕事

久しぶりに良書に出会えたので紹介。

毎週のように、レビューを書いておりますが、意識的にスピードアップをした結果、消化が早くなり自分の中でグッドスパイラルが生まれています。

最近は、経営、マーケティング、業界知識など「適用型の本」、自伝や普遍的心理を扱う「底流型の本」を交互に読み進めており、 ドラッカー関連の本を読み進めておりましたが、どうも会社のサイズ感に合わない部分というものを感じておりました。

例えば、会議の件など、弊社では既に必要最小限に自然と収まっている。会議のコストという云々よりも個々がそれぞれ、自立して業務に取り組んでいてくれています。

 

そんな中でこの「小さなチーム、大きな仕事」という本は、少数精鋭で大きな利益を上げている企業としての経験を惜しげもなく披露してくれています。 これは、そのまま応用が出来る「適用型の本」であり、経営の考え方の元ともなる「底流型の本」両方の要素を含みつつ、現在のステージ、サイズに合うものが非常に多かったので共有です。

 

著者が経営する37signalsという会社名は、この本で初めて知ったのですが、同社が提供するサービス「camp fire」や日本人が開発したプログラミング言語「Ruby」のフレームワークである「Ruby on Rails」を提供しているということで驚きました。

IT業界に携わるものであれば、「Ruby on Rails」の名前の方が有名ではないでしょうか?

抜粋

以下、抜粋

会社の規模なんて気にしない

ものすごく自戒。人数なんて関係ない。会社を大きくすることによるスケールメリット以外の言葉を教えてくれというように、その人にあった、サイズがあるってもので弊社はもっともっと大きくしないと実現出来ないビジネスを描いているが、1万人にしたいとも思っていない。

ワーカホリックはバカげている

これに関しては、燃え尽き症候群や生産性を引き合いに出しているが、このような論調にははじめの一歩、鴨川会長の言葉をいつも思い出す。

努力した者が全て報われるとは限らん。 しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!!

また、論理的に考えると

生産=生産時間(h)×生産性(個人の能力∞)

でしかないので、生産性が著しく高い人以外は、Work Hardをするしかない。もちろん、生産性を高める(睡眠、食事、教養、ツール)施策は怠ってはならないという前提を付け足しておきます。

 「時間がない」は言い訳にならない

はい、当たり前です。失礼しました。

外部の資金は最終手段

こちらについては、この項目だけで、ブログが一つ書けるくらい思いを持っているので、詳細は割愛しますが、書いてあることはすごく共感です。あくまでも手段として、捉えるべきという前提は変わりません。

必要なものは思ったより少ない

人、物、本当に必要?本書内でも「人を雇う」という章で言及されているが、「まずは自分自身から」「限界で人を雇う」ということをこれからも実践していきます。

マーケティングは部署ではない

何かのコミュニケーションの手段があるのなら、マーケティングはできる。是非この意識をみんなにも持って頂きたい。

文章力のある人を雇う

ソーシャルな世界が広がり、発信が容易になればなるほど、発信の数が増える。より強烈な発信が出来なければならない。それを実践する場がこのブログです。

なるたけ早くは毒

すいません。私も陥りがちです。英語でいうとASAP(as soon as posible)でしょうか。 当たり前なんです。誰しも一生懸命働き、早く終わらせたいのです。どれも至急と言ってしまっては、どれもが普通なんです。ルールを作りましょう。

まとめ

私の思いがあって、既に取り組んでいる発信をするという意味でのブログであったり、資金調達の考えかたといったところまで、共感出来る部分が非常に多く、みんなにも是非読んで頂きたいです。

投稿日:

嫌われない毒舌のすすめ

有吉本。どのようなものか非常に期待していたが、文章のレベルで言えば、タレント本か。卑下するつもりはなく、やはり、作家さんが本気で書くものというのは、すごいと納得した。語彙の多さや表現の豊かさこういうところで差が出るんだなと実感。

内容は至ってまじめで、縦横無尽に縦も横も人のつながりでたらしこむということに徹している。

  • 怒られてる時にツッコミ厳禁
  • 怒ってる人に怒ってるでしょと聞く
  • あだ名は発信源にならない
  • 無礼講のときこそ上の人を褒めちぎる
  • まだ怒ってるよね?で切り抜ける
  • 突っ込んでいいひと、共通の敵を作る、相手を見極めて浅く付き合う
  • プライドなんかはいらない
  • 自分のいい話は言うなよと念を押す
  • 誰かを使って間接的に褒める
  • 陰口は絶対にダメ
  • 後輩は役立ちそう奴とだけ付き合う
  • 苦手なタイプには質問を徹して完全服従
  • 聞き役に徹する
投稿日:

メンタリズム-恋愛の絶対法則-

TVでよく拝見する、メンタリストDAIGO氏の著作。超常現象は全て科学で照明出来るということで、スプーン曲げも否定。メンタルを操る人ということで、何冊か気になっていたところ、たまたま本書が手に入った。恋愛の教書となっていたが、「人の心を読んだり、人の嘘を見破ったり、人の心を誘導するメンタリズムのテクニックは、恋愛ツールとして最強です。」と本書に書いてある通り、前半のメンタリズムのテクニックというところだけを知れればよいのです。

出会い

  • 5秒以上のアイコンタクトでひと目惚れ効果
  • 好意の返報性へ発展させる
  • 壁に向かって90度に配置されたテーブルで入り口が見れること
  • 光を背負って視神経疲労法
  • オウム返しとラポールでマッチングさせる
  • グラスを近づけて距離感を図る
  • ボディタッチは二の腕から
  • 少しでも話し方を変えて特別感をだす
  • YESしか返せない質問を繰り返す
  • コンプレックスを褒めるアンビバレンスの法則
  • 不利な状況を掲げるアンダードック効果
  • 香りを残してプルースト効果

誘う

  • 秘密の共有で返報性の原理
  • 45cm以内のパーソナルスペースに入れ
  • 話を途中で終らせて、記憶に残せ
  • 気があることを匂わせる
  • 行くか行かないかではなく、どっちに行くかでNOを抹殺するバインド
  • わざと門前払いを受けるようハードルを上げてから、落とすドア・イン・ザ・フェイス
  • 感情の空間的配置を把握するアセンブリ
  • 良いイメージのアセンブリに手を使って視線を誘導
  • 混乱に乗じて要求をする混乱法
  • 噂を利用する
  • 聞き入れてもらいたい時は右耳から
  • 心地良い言葉シュガーランプ
  • 今週末会えるのを楽しみにしていますでクライマックス法。ビジネスは逆

心に踏み込む

  • 先にありがとうを伝えると断れなくなる。
  • 反復動作でアンカリング
  • 意図的な偶然の一致
  • 暗闇、吊り橋

落とす

  • 接触回数を増やすザイアンス効果
  • 褒めて伸ばすピグマリオン効果
投稿日:

情報が生き生きと伝わる商品説明文

今日は、
共感してもらうためのストーリーお店編
をお伝えします。

下に長々と書きますが、
やらないと買ってくれないということはありません。
安くすれば買ってくれますからね。

が、
共感してもらえないと、お客様が口コミを広げてくれません。
共感してもらえないと、いつまでも価格競争から抜け出せません。
共感してもらえないと、お店のファンがつきません。

なので、大事かなあと思っている次第です。

ストーリーを形作るための要素、
お店の思いを伝えるための要素は、簡単なもので4つあります。

こういったものを
会社概要やお店の紹介ページに入れてみて欲しいと思います。

<お店の思いを伝える>
————-

1)WHY

→なぜお店をつくったのか

これはお店によって最も違いが出る部分かですね。

たとえば、

日本中の人に自分のお店を知ってもらいたいと思った
日本中の人に安くて良い商品を届けてたいと思った
地元の商店街を活性化したいと思った
本業が苦戦してやるしかなかった
近くにシマムラとユニクロが出来て実店舗が潰れそうでやるしかなかった

などです。

もちろん、儲けたいから、が最も根源ですよね。
それは分かっています。

ただ、
その根源の上に乗っかる思いやなぜ作ったのかという理由
を表現してほしいところです。

————-

2)WHO

→誰がこのお店をこだわりを持って作ったのか

誰がお店をつくったのか、これはとてもパーソナルな部分です。
ネットショップは顔が見えないと良く言われますが、
これは売り手側の顔が(ふんわりとでも)想像できる様にする為の
ひとつのキッカケになります。

たとえば、

お店を始めるまでネットで買い物などしたことがなかった
50歳からパソコンを始めて指一本でキーボードを叩いてお店をつくった
兄がやっている実店舗を助けるために妹が始めた
実家の3代目なので新しいことをやれと言われた
会社が買収されクビになりそうだったのでネット販売をやるしかなかった

などです。

これらは全部私が聞いた実話です。
(どのお店さんも7年以上続き、売上は安定的に上がっています)

売り手側の顔が見えますよね。

————-

3)商品選定のこだわり

→売っている商品の品質、素材、製法への思い入れ

販売している製品は
基本的には売れると思っているから置いているわけですよね。
ただ、お客様にはそれを買うための良さがなかなか伝わらないですね。

当たり前すぎて気付いてないことをメリットに変えるため、

なぜお店にそういった商品を置いているのか。
形態(外観、外形、格好、形式、姿、様式)がいい?
味覚、嗅覚の度合い(甘味、酸味、塩味、苦味、旨味)がいい?
触覚 (硬い、柔らかい、ふわふわ)がいい?

商品を目利きしてバイイングしたわけです。
その選択のしかた自体が、ストーリーのひとつになります。

————-

4)情熱

→これだけは譲れないというポイント

これは例だけ紹介します。
ある花の販売店さんから「譲れないポイント」をお聞きしました。

普通花を育てている業者さんは
苗のしたに水を流しっぱなしにしていつでも水を吸えるようにしているそうです。
が、そのお店さんは1苗1苗に
たま~に水をやるそうなんです。
そうするとたまにしか水を吸えない苗は
生きるためにたくましくなり、茎が太くなり、
花が咲いてからも長持ちするそうなんです。

1苗1苗水をやるなんてものすごい手間ですよね。
それでもやり続けているそうなんです。

お客様に1日でも長く花を楽しんでもらうために。

————-

4つのポイントは以上です。

まだまだ他にもあるでしょうが、
まずはこういったことから進めてもらえると
お店の良さがぐっと伝わると思います。

有名ですが、土屋鞄さんのページ、いいですよ。

↓↓↓

—————————————————————-

革の香りをデザインに込めて、
工房から手づくりの温もりを届けます

http://www.tsuchiya-kaban.jp/user_data/company.php

—————————————————————-

ひとことふたことでもいいので、
会社概要やお店の紹介ページに入れてみてください。
ぜひチャレンジを♪